後縦靱帯骨化症を治療する|病気の進行を防ぐ

骨を強くする方法

女の人

骨を強くする豆知識

骨は全身にあり、各部位でそれぞれの役割を果たしていますが、年齢を重ねると強度を失い弱くなっていきます。強度を無くした骨は折れやすくなり、何気ない動作でも耐えきれず骨折してしまう事があります。高齢になると骨折の確立は更に高まり、体が思うように動かせず寝たきりの生活を送ると、体も脳も衰えます。そうなると介護生活に発展するため、高齢者の骨折はなるべく避けた方が無難です。骨がもろいと診断される場合、多くが骨粗鬆症となっていますが、骨がスカスカになった状態を指します。骨粗鬆症となったら骨を強くするため、乳製品を積極的に摂ると良く、牛乳やヨーグルトは最適です。また食事管理と運動管理を行うだけで骨粗鬆症は改善されるため、治療の必要も無くなります。

生活を見直すメリット

骨粗鬆症は中高年の女性に多く、閉経を迎え女性ホルモンが急激に減少するとかかりやすくなります。治療は服薬と食事管理が行われますが、ライフスタイルに合わせて選択肢はたくさんあります。治療と並行して行われるのが生活習慣の見直しであり、骨の形成に良くない行動を改める必要があります。骨を丈夫にするにはカルシウムが必要不可欠であり、効率良く摂取する必要があります。治療を行うならカルシウムのサプリメントを摂取すると良く、効率良く体内に吸収できます。サプリメントには骨の形成に必要なカルシウムに加え、マグネシウムが入った物を選ぶと良いです。骨粗鬆症の治療は骨が詰まったら終了となりますが、その後も維持する事が大切です。