後縦靱帯骨化症を治療する|病気の進行を防ぐ

聴力低下を伴う脳腫瘍

病院

小さい腫瘍は経過観察も可

人間の聴力には多くの器官が関わっています。耳が聴こえなくなったりする原因にも、それぞれの器官に応じた病気の可能性が考えられます。聴神経腫瘍は聴覚を司る神経の中の前庭神経と呼ばれる部分に発生する腫瘍です。脳腫瘍の一種ですが、良性腫瘍のためゆっくりと進行します。聴神経腫瘍が進行してくると聴力が低下し、しばしば耳鳴りも発生します。前庭神経の近くには蝸牛神経や顔面神経なども集中しているため、こうした神経への影響が出た場合にはめまいや吐き気・顔面神経麻痺といった症状も伴います。聴力の低下は通常片方の耳で発生し、聴こえ方が少しずつ悪くなってきます。こうした症状が自覚されたら、一度病院を受診して検査を受けた方がいいでしょう。聴力に関係する症状には耳鼻科でも対応しますが、聴神経腫瘍は脳腫瘍の一種ですので脳神経外科の方が治療体制も整っています。検査には造影剤を使った頭部MRIやCTスキャンなどが行われ、それらの画像から総合的に診断されます。腫瘍がごく小さい場合は手術による摘出を見合わせ、定期検査を受けながらの経過観察とするのが一般的です。特に高齢者では腫瘍が大きくならない可能性が高いのです。

放射線療法も有効

腫瘍の大きさが概ね4センチ以上なら手術で摘出することになります。神経が集中している難しい部分ですので、手術を成功させるためには技術に優れた脳神経外科医の腕が必要です。そのため聴神経腫瘍手術の実績に優れた病院は人気も高く、多くの患者さんが術後に症状を改善させています。腫瘍の大きさが3センチ以下なら、手術よりも放射線療法の方が術後の経過が良い傾向も見られます。放射線療法にはいくつかの方法がある中で、聴神経腫瘍の治療に使われるのは定位放射線治療と呼ばれる方法です。ミリ単位の精度で放射線をピンポイントに照射させるため、多くの最新医療機器が駆使されています。1回のみ照射する放射線外科と複数回に分けて照射する定位分割照射の2通りから、それぞれの症例に適した方法が選択されます。比較的大きな腫瘍を治療するには後者の方が適しています。場合によっては手術と放射線治療が併用されることもあります。腫瘍が顔面神経などと癒着しているケースでは手術で完全に摘出することが難しいため、取り残した部分を放射線で細かく除去していくのです。このように脳神経外科医はあらゆるテクニックを駆使して聴神経腫瘍を治しています。